乗馬クラブの仕事内容とは?向いてる人は?キツイって本当?

ホースセラピー メリット

「乗馬クラブの仕事がしたいけど、どういう仕事内容なのか、待遇はどうなのか?」

 

こういった不安はありますよね。正直、私も短期間しか乗馬クラブで働いたことはなく、そこまで詳しい知識があるわけではないですが、私の経験を踏まえて、伝えられる範囲でいろいろ紹介していきたいと思います。

 

乗馬の仕事 向いている人

乗馬の仕事をする上で、一番大事なのが、「馬が好き」ということですね。馬が好きじゃないと、乗馬クラブの仕事というのは厳しいと思います。動物相手の仕事となるので、すべてが馬優先という仕事になるので、馬や乗馬が好きではないと続けるのは難しいと思います。

 

馬に乗るだけではなく、世話や雑用もたくさんやっていかないといけないので体力も必要になります。私の友人も乗馬クラブで働いていたのですが、その友人の話では、ほんとうに朝から晩まで働いていたそうです。

 

人が足りないところはかなり体力が必要になるといえそうです。その友人は、トイレで気を失うように寝ていたとも言っていたので、相当大変だったようです。

 

ただ、どこの乗馬クラブでもこういうわけではないので、そういうところもあるという感じですね。いずれにせよ、体力は必要なので、乗馬の仕事をしたいのであれば、体力づくりはしておいたほうがいいですね。

 

ほかにもいろいろ向いている人はいると思いますが、正直、馬が好きで体力があれば、なんとか根性でやっていけると思います(^^;

 

乗馬クラブの仕事 内容

乗馬クラブでの仕事の内容というのはいろいろです。

 

朝飼い(朝ご飯)、馬房掃除、馬の手入れ、接客、厩舎の掃除、馬の運動、夕飼い(夕食)、もろもろの雑用

 

という感じで、いろいろとやることはたくさんあります。スタッフが多いところであれば、合間に休憩したり余裕がありますが、人が少ないところはいろんなことをやらないといけないのでかなり大変のようです。

 

ちなみに私が働いていたところは、ある程度、人がいたので、そこまで忙しくはなかったです。

 

あとは大手乗馬クラブとかだと、営業とかもしないといけないようです。馬具とか乗馬グッズとかを買うようにお客さんに勧めたりしないといけないので、そういったセールスが必要になるところもあります。

 

このあたりは乗馬クラブのスタンスによっても大きく変わってくると思います。乗馬をやる人はお金持ちが多いということで、「金持ち喧嘩せず」ではないですが、お客さんの質はけっこう高いので、そこまで変な人は少ないと思います。

 

乗馬クラブの仕事 キツイ

仕事がきついかどうかも乗馬クラブによって大きく変わってくると思います。スタッフの人数が足りていないようなところは、かなりキツイところが多いと思います。

 

いろいろやらないといけない仕事が多くなり、人がいないと休めないので、連続勤務が続いて疲れがとれません。体を壊しても馬の世話はしないといけないので、休めないですし、かなり大変なところもあるようです。

 

馬関係の人は体育会系の人が多くて、休まなくてもダイジョブだろう、気合と根性だみたいな人も多いので、ブラック企業とまではいいませんが、けっこう大変だったりします。ただ、そんなに、陰湿な感じの人は少ないかなという印象があります。

 

けっこう癖がある人も多いので、人間関係が嫌になって辞める方もいます。

 

私も、乗馬クラブではないのですが、競走馬の牧場の仕事をしていて、体力的にきつくなり、人間関係も嫌になって辞めてしまいました。

 

仕事内容とかは充実していて良かったんですけどね。給料もそこまで高くなかったということもあり、無理してまで続けるべきではないかなと思いました。

 

私も短期間でしたが、経験してみて、非常に得るものが多くて、楽しくもありました。仕事は大変でしたが、貴重な経験ができたと思います。

 

正直、ずっと続けるのは、いろいろな意味でキツイ仕事だとは思いますが、馬が好きという方は挑戦してみる価値はあるかなと思います。

 

何事もその業界に入ってみないとわからないことがありますからね。

 

偉そうな感じで上からなアドバイスになってしまいましたが(^^;、馬好きであれば、毎日馬乗れて楽しいと思いますので、ぜひ挑戦してみてください。応援しています^-^b

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です